188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注 学生?職員健康サポートセンター

センター概要

■概要
188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注 学生?職員健康サポートセンターは、学校保健安全法(昭和33年法律第56号)及び労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)に基づき、学校法人188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注に属する学生及び教職員の健康管理全般に関して、専門的業務を行うことを目的として、2017年9月に設立されました。2020年4月、センター長(精神科医)および看護師1名、臨床心理士2名、事務職員2名の体制で本格稼働しました。

■業務
(1) 学生及び教職員の健康管理に係る基本方策に関すること。
(2) 各施設における健康管理実施状況の点検、管理及び評価に関すること。
(3) 各施設の健康管理担当部署の業務支援に関すること。
(4) 健康管理に係る広報及び啓発活動に関すること。
(5) その他健康管理に関すること。
(188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注学生?職員健康サポートセンター規程 第3条より)

センター長あいさつ

?188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注で学ぶみなさま、188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注で働くみなさまへ?

学校法人188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注 統括産業医

校医(メンタル担当)
センター長(精神保健指定医?日本精神神経学会認定精神科専門医?指導医) 市来真彦

 みなさま、こんにちは。学生?職員健康サポートセンター(以下、「健サポ」)センター長の市来真彦です。当センターは、188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注中長期計画のもと、本学で学ぶみなさまと本学で働くみなさまの身体と心の健康をサポートする目的で、平成29年(2017年)9月1日に発足され、令和2年(2020年)4月1日に全職種を揃えてリニューアルして、今日3年目を迎えました。

 今なお、世界的な新型コロナウイルスはまだまだ収まる気配を見せていない状況です。さらにロシアによるウクライナ侵攻など、数年前までの当たり前だった生活が脅かされる世情の中ですので、明日何が起こるかわからない時代と言ってよいかもしれません。そのような世の中において自分でできる大切なことは「健康の保持増進」です。新型コロナウイルスにばかり目がゆきがちの今日この頃ではありますが、実は新型コロナウイルスへの対応は、みなさまの健康の保持増進の一つである「感染症対策」に過ぎません。新型コロナウイルスの感染拡大がなかったとしても、みなさまが元気に学び、元気に働いて、幸せな生活を送るためには、感染症対策を含む「身体とココロの健康づくり」に日々取り組むことが大切です。といっても毎日毎日「健康づくり、健康づくり」と呪文のように唱えているようでは、むしろ病気になってしまいます(苦笑)。そこで私たち健サポが、みなさまの健康の保持増進のお手伝いをいたします。
 健康の保持増進(と疾病対策)の3つの要素は、「予防、早期発見?早期対応?アフターケア」です。しかしメンタルヘルスの予防のキーワードを一言で言えば、「孤立しないこと、させないこと」なのですが、このコロナ禍の対策は、「大人数の会食や仲間で大笑いしながら食事をしてはいけない」といったように、メンタルヘルスに悪いことをすることを求められています。つまりメンタルヘルスについては、予防が困難になっている世の中と言えるので、私たちは次の「早期発見?早期対応」に努める必要があります。
 私たち健サポは、「転ばぬ先の杖」として、「身体の健康」と「ココロの健康」と「感染症対策による健康」という三本柱で、学生と職員を対象に情報発信と健康相談を行っております。困り果ててから相談するのではなく、「困り果てる前に」ぜひ、当センターへアクセスしてください。お待ちしております。

学生健康サポート 

■学生専用掲示板「e自主自学」をご覧ください。 こちらから>>(学内専用)

職員健康サポート

職員健康サポート専用ページをご覧ください。 こちらから>>(学内専用)      

 188bet体育_188bet亚洲体育-在线*投注 学生?職員健康サポートセンター
  〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1

  電話: 03-3351-6141 (内線463,306)

  Email: d-kenkou@tokyo-med.ac.jp

ページトップ